スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 クワガタへ にほんブログ村 カブトムシへ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。

その後のティモール産ギラファの孵化

1/31に1頭目、2/2に2頭目が孵化したところまでブログに書いていたティモール産ギラファの卵ですが、その後もスローペースながら孵化が続き、2/10、日付が変わってから5頭目の孵化を確認(写真は今朝のもの)。

20120210a.jpg


朝までそのままにしてから、個別のプリンカップへ移動させました。幼虫投入用のカップはマットを詰めて事前に温室に入れてあります。

20120210b.jpg


というわけで、現在は5コのカップで単独飼育しています。

20120210c.jpg


1/31や2/2に孵化した幼虫はお腹の色や大きさから、元気にマットを食べて成長していると思います。
今のところ、マットは産卵セットに使ったグローバルのDVマットをそのまま使ってます。

20120210d.jpg


残りの卵は7コ。2つのカップに分けていた卵を1つにまとめました。どの卵も順調そうです♪

20120210e.jpg


ところで、卵で取り出すと、正確な孵化日を知ることができるのが利点です(今回はたまたまですが)。
幼虫で割り出しすると、その時点での幼虫の大小を見て、大きいものに期待を込めてしまいそうですが、実際は孵化日で大きな差があります。
今回の5頭でも10日の差があり、孵化直後の初令幼虫にとって、わずか10日で大きさが倍近く違います。まだ孵化していない卵のことも考えると、その差はもっと大きくなるかもしれませんよね。

アトラスオオカブトのときもそうだったのですが、そのうち、先に孵化した幼虫を何頭も追い抜てトップに躍り出る将来有望なヤツが現れたりして、なかなか面白いですよ。
にほんブログ村 クワガタへ にほんブログ村 カブトムシへ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。

コメントの投稿

非公開コメント

FJさん

ちっこくて、かわいいですねー♪
あれが、何ヶ月するとあの巨大な幼虫になるとは
思えませんね(笑)
人間がそのスピードで大きくなったら、
恐ろしいですねw

lyu-ichiさん

成長スピード恐ろしいですよね。
人間の場合は母親のお腹の中で10ヶ月でクワガタ以上の成長してますよ(笑)

今1枚目の写真見て気づいたのですが、幼虫の隣の卵、中に幼虫が透けて見えてますね。また今晩あたり孵化するかも♪

No title

ちっちゃくてかわいいですね。
夏には成虫になるんですか?

けーさん

成虫まで10ヶ月くらい・・・
って、奈良でけーさんから聞いたような気がします(笑)
だとしたら秋ですかね。
チビギネスの♂はプリンカップで超小型羽化させたようですね。
プロフィール

FJ

Author:FJ
2011年から急に始めた昆虫飼育。初心者ですので自分のために記録を残していこうと思いブログを開始。
そしてハマってしまいました(笑)

本業(?)はルアー・アングラーです。FJの釣りブログは『疑似餌釣り中毒者の釣行記』。こっちもよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お気に入りリンク
楽天おすすめ商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。