スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 クワガタへ にほんブログ村 カブトムシへ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。

ティモール産ギラファの産卵セットメモ

今後参考になる方もいるかもしれないので、今回のギラファノコギリクワガタ(ティモール亜種)の産卵の実績をメモしておきます。

固体データ
♂ ティモール島産 WF2 約70mm - 2011年10月07日 羽化
♀ ティモール島産 WF2 約41mm - 2011年11月11日 羽化


2011年11月26日、けーさんのところから里子に頂き、♂はその日の時点で後食確認。♀の後食確認(実際にゼリーを食べてるところを見た日)は2011年12月23日。

飼育ケースはクリアースライダーを使用してセパレータをつけて♂♀飼育。
床材はハムスター等の小動物用に販売されているGEXの広葉樹チップ「広葉樹の恵み」で、管理温度は平均23度、エサは高タンパクのKBファームプロゼリー16gを食べやすいようにゼリースプリッターで半分に切ったもの。

iphone_20120104225228.jpg


2012年1月4日(水)、一時的に仕切りを外し交尾用に転倒防止材を入れたケースで同居。1時間もかからない間に2回の交尾を確認後、再びセパレータをつけて別居飼育。

iphone_20120104224833.jpg


1月6日(金)、コバエシャッター小に、きのこの山DVマットを入れ(堅詰めで表面だけふんわり)、転倒防止材とゼリーを上部に配置した産卵用ケースに♀を投入。
ダンボール+発泡スチロールという組み合わせの快適ボックスの底面にマルチパネルヒーター14Wを置いた簡易温室内で、箱内上部の温度が20度になる設定で管理(マルチパネルヒーター14Wコバエシャッター小の間は数cmの空間あり)。

iphone_20120111223224.jpg


1月11日(水)、DVマットが乾燥ぎみで、♀が潜っている気配もなかったため、一度マットをすべて出し水分やや多めに加水(手で握って割としっかり団子が出来るぐらい)し、再度堅詰めしてやりなおし。

1月19日(木)、♀を毎日マット表面やケースの蓋裏で確認したため、産卵していないと判断して取り出し、再度交尾の後、3日程度単独飼育したのち産卵セットへ再投入。

girafa1.jpg


2012年1月28日、♀は毎日マット表面で確認し、産んでいる気配は全くなかったが、マット内を確認すると卵を発見。
ということは、常時マットに潜りっぱなしということはなく、適度に産んだらすぐマット表面に出てきて、また潜って……ということを繰り返すようです。

gila2.jpg


最終的に全部で12個の卵があり、大小の差があることから、再投入前に産んだ卵と再投入後に産んだ卵が混在しているのかもしれません。
卵は120mlのプリンカップに産卵に使用したマットを入れ、マット表面に置いて23度設定の温室で保管(卵がマット表面のため湿度に注意、カップは必ずフタをする)。

gila3.jpg


1月31日の朝、1頭目の孵化を確認。
孵化後、幼虫を周辺のマットと一緒にスプーンですくい、1頭づつのプリンカップ飼育に移行。

iphone_20120131093444.jpg


というわけで、放っておいたら爆産してしまう傾向のあるギラファノコギリの産卵をちょうどいい数で止めるには、小さめの飼育ケースを使用し、短期間で♀を取り出せばいいようです。
今回は1月11日~28日までの間で、間に♀を取り出した期間が3日ほどあるため実質2週間。さらに飼育環境が何度も変わる条件の中でしたから、10コほどの卵を得るには1週間~10日くらいで充分かも!?(責任はもてませんが)
にほんブログ村 クワガタへ にほんブログ村 カブトムシへ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています。

コメントの投稿

非公開コメント

FJさん

ふむふむ。
実験が不完全ですね(*´エ`*)

どでかい衣装ケースだと、どれくらい生むか
気になりませんか?www

lyu-ichiさん

気になります!!
産まれた幼虫残らず貰っていただけます?
どうですか、遺伝子コピーミスをする固体作り実験のために、ぜひ研究所で!!(笑)

FJさん

欲しいのは、やまやまなんですが、
その子たちが、FJさんを愛し過ぎていて
泣くのが目に見えているので
そんな心が引き裂かれるようなことは絶対出来ません(><)

ぁぁ。私も愛されたい(*´エ`*)

メモメモ

そういえばFJさんって毎回、取り出しは卵ですよね
僕と一緒でなかなか我慢出来ないタイプですね(笑)

lyu-ichiさん

残念です。
でも、実際は「けーさんのところに帰りたい!」って泣かれてそうな気がします(笑)

ホー助さん

実は僕、極小なのに頭でっかちな孵化直後幼虫フェチなんです(笑)
あのかわいさは一瞬しか味わえませんが、卵を管理してると何度も連続でその瞬間がくるので毎朝晩の観察が待ち切れません!(笑)
プロフィール

FJ

Author:FJ
2011年から急に始めた昆虫飼育。初心者ですので自分のために記録を残していこうと思いブログを開始。
そしてハマってしまいました(笑)

本業(?)はルアー・アングラーです。FJの釣りブログは『疑似餌釣り中毒者の釣行記』。こっちもよろしく!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お気に入りリンク
楽天おすすめ商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。